Period.

夏の花

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--(--)--時--分 |スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)

ちょっと感想

第一本看的很拖拉,第二本也是隔了好久的前天才拿起來
但是拿起來后連著幾晚都捧到天亮不得不睡才放下
今天更是起來后直接拿起書,一下午坐在陽臺一直看到最後

木原的作品一直像個洞

總是能把這樣虛無的自己給填滿
第二卷最後新加筆的番外是那樣的甜蜜,字裡行間都是粘膩的生奶油的觸感
越是知道下一卷的殘酷越是迫不及待的打開
儘管曖昧的記憶和一貫閱讀的情節必然性推理都讓偶稍稍沉溺【すれ違い恋】的幻想里
但木原又是給了偶一個悶擊
想見又不想見,想讓他走又不想一個人,想和他説話又不想説,看到臉就先打過去,過來問話就要把人扔出去,儘管心裡不想這麼做但身體總是先行動,抱住他大哭喜歡旅行的話我們就一起去旅行喜歡蛋糕的話我也會學著做你想要的那個【六年間】透的樣子我都會去做,所以,所以不要丟下我不要丟下我不要丟下我

中文版的時候真的讀了好幾次,以為自己都把情節記得很清楚
再看日版的時候,中途的那個悶絕感一直揮之不去
儘管結果是美好的,卻在本篇end的地方沒有力氣翻去下一頁番外
FRAGILE之後給偶的後遺症似乎還存在,讓偶每次都經不住想去猜測木原的過往,是怎樣的人生可以孕育出如此窒息暗的兩個人的世界

なんでそんな恋が存在するの
でも大好き

前ずっと気に入る曲、今日初めてうpさんの名前を知った
なんでそんなに遅くまで気付かなかったと自分にも呆れた 
それで、歌詞を見ながらもう一度聞くと、体が痺れるほど好きだ





03/27(土)21時38分 |二次元生活.コメント(0)トラックバック (0)
間報 | HOME | 舊照片
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。